特定非営利活動法人
【フードバンク八王子えがお】

フードバンク八王子えがお、は「食で支えよう ひと 地域 未来」をモットーに、
食のセーフティネットをめざして、誰もが対等の立場で暮らしあえる地域づくりの
一端を担うことができればと願っています。

フードバンクとは、食品を「銀行」のように貯めて、
必要とされる方々や施設に届ける活動です。
企業や商店の方々は、食品を提供することで、
食品ロスが社会貢献につながります。個人の方々は、
「困ったときはおたがいさま」の気持ちで、毎日の食べ物に
不自由している方々や支援要請のある施設の応援につながります。
「食を通して地域で支えあう」食のセーフティネットでもあります。

活動内容

【食品を集める】
企業・商店のみなさまには余剰食品、市場には出せないが品質には問題のない食品、
入れ替え時の災害備蓄品等のご提供をお願いいたします。個人のみなさまには、
ご家庭にある食品のおすそわけをお願いいたします。食品はいつでも受付けています。
宅急便での寄贈も受け付けております。
その際大変心苦しいのですが、送料のご負担をお願いしております。
よろしくお願い申し上げます。

【食品を届ける】
★ 市内の施設や団体に届ける
児童養護施設をはじめとする福祉施設、子ども食堂などへお届けします。
★ 支援の必要な方々に届ける
市役所の窓口に相談に来られた方には、市の窓口をとおして、
また直接食品支援を申請された方々には個別にお届けします。

【活動を広げる】
★ 年4回発行の「えがお通信」で活動の様子、
イベントの開催をお知らせしフードバンク活動の理解と協力を呼びかけます。
★ フードバンクや貧困問題に関連する
講演会・学習会・シンポジウムを開催し現状を知り、
地域での支えあいをめざします。
「えがお通信」発行

えがおの願いとは

相対的貧困の拡大が深刻な問題となっている昨今、わたしたちの周囲にも
「食に窮する方々」が生活しています。
また誰でもそのような状況におちいる可能性があります。
そのような方々と食の面から「お互いさま」と心を寄せてくださる方々と
の間に立つのが、フードバンク八王子えがおです。
『えがお』はこれまで多くの皆さまから米、パン、缶詰等
たくさんの食品をお預かりし、支援を求める方々にお届けしてきました。
ささやかな活動ですが、食糧不安を抱く方々に、
少しでも安心していただけるならば幸いです。

『えがお』は、「食で支えよう ひと 地域 未来」をモットーに、
食のセーフティネットをめざして、誰もが対等の立場で暮らしあえる
地域づくりの一端を担うことが、できればと願っています。

サイトは、こちらをクリック https://www.fb8egao.com/