認定特定非営利活動法人
【ハート・オブ・ゴールド】

1996年12月に開催されたアンコールワット国際ハーフマラソンに関わった人々により、
「スポーツを通じて国境、人種、ハンディキャップを超えて希望と勇気の共有を実現」
することを目指し、1998年 10月10日にNGOとして発足。
2001年3月には岡山県よりNPO法人認定を、
2012年には岡山市から認定 NPO法人となり現在に至る。

【心の金メダル】・・名前の由来

バルセロナ五輪・銅メダリストで連続4回のオリンピック出場をした世界的ランナーの
一人であるローレン・モラーが(ハート・オブ・ゴールドの副代表・ ニュージランド出身)
1996年からカンボジアの地雷被害者救済にあたっている有森裕子の姿を見て感動し
「有森裕子こそ(心の金メダリスト)」と話したのが
【ハート・オブ・ゴールド】と名付けられた理由です。

モラーは、誰でもが、それを求めようとする心さえあれば
【心の金メダル】を持つことが可能です、といっています。
この「できる人」が大人達だけでなく、子ども達にも広がりつつあることは、
私達【ハート・オブ・ゴールド】にとって大変嬉しく大切な事と感じています。

【活動内容】

スポーツを通じた開発

アンコールワット国際ハーフマラソン&アンコールウオーク
このマラソン大会は世界75ヵ国の人々が集まる大会、世界遺産の中を走れる大会、
また、チャリティー大会として寄付金がカンボジア障がい者や子供たち、
貧困層の人々の支援に使われることなど大きな特徴があります。
ハート・オブ・ゴールドも1998年の設立以来、
アンコールワット国際ハーフマラソン開催を第3回より支援し、
参加費を義手義足作製等、対人地雷被災者自立支援に当てるなど、
障がいを持つ人たちのスポーツへの参加促進支援に努めています

スポーツエイド(ランナーズエイド)
ランナーズエイドとは、全国の市民マラソン大会に呼びかけて、
ランナー参加費の一部を開発途上国の支援にあてようという活動です。
ハート・オブ・ゴールドは、全国の市民マラソンにランナーズエイドへの
参加を呼びかけています。ランナーズエイドは、
自分の健康や記録のためだけではなく、走れない人のことを想って走るチャリティーランです。

◆体育科教育支援
小学校体育科教育の復興のため、2006年から支援活動に着手し、
更に2015年からは中学校体育科教育の支援を開始し、
小・中学校の一貫した体育科教育の確立を目指して活動を行っている。

◆障がい者スポーツ振興支援
ハート・オブ・ゴールドは、地雷被災者が多いカンボジアで障害を
克服できる一つのツールとして、スポーツを通して元気になり、
人生を楽しむチャンスとしてほしいと「アンコールワット国際ハーフマラソン」に
障がい者参加が出来るよう取り組みました。
また、日常の障がい者のトレーニングなども支援しています。

他にも『自立支援事業』『国際理解(ESD)・交通事業』などの支援もしています。

最後に
日本語で教育は「教え育てる」と書きますが、
私は共に育つ(学び合う)共育こそが最も重要なことだと思っています。
これからも、HGは活動に参加した皆様と、共に学び、育ちつつ、
根気強く人材育成/ソフト支援を継続してまいりたいと思います。
20年を迎えるにあたり、皆さまのご参加を歓迎いたします。

サイトは、こちらをクリック https://www.hofg.org/