特定非営利活動法人
【ホープフル・タッチ】

ホープフル・タッチとは
国際社会から忘れられた弱い立場にある子ども達に手を差し伸べ、
コミュニティの発達を通じ、子どもの発達と平和を促進し
権利保護のため活動する、子ども支援NGOです。
ホープフル・タッチの活動は、シリア戦争後のトルコで出会い、
ビジョンを共有したシリア人2名と日本人1名による小さな
ボランティア活動から始まりました。

これら3名はそれぞれ、キャンプ外のシリア難民への
緊急人道支援を実施するNGOに勤務し、
トルコ南東部、シリアとの国境県にて大規模な食糧支援に当たっていました。
この緊急支援事業を通じ、最低限の生活水準で
テント生活を送る1,000世帯以上の
シリア人家族と出会い、多くの家族や子どもから「行かれる学校がない」、
「とにかく勉強がしたいのになにもできない」という声を日々聞いていました。
キャンプ外の市郊外農村地にはシリア人学校がなく、
村にあるトルコ公立学校も積極的にシリア人を受け入れてはいませんでした。

勤務先では子どもへの支援を実施しておらず、
他の支援機関の活動は市内中心に集中しており、
遠隔地である農村地では教育支援が実施されていませんでした。
この状況に対し、様々な支援から取り残された子ども達へ
最低限の学ぶ機会を提供する、小規模ながらも自分達ができる範囲で
独自の活動を始めました。
2016年3月にボランティア活動を開始してからこれまでに、
ほかに学ぶ機会のない200名以上のシリア難民の子ども達が、
村内のテント教室で母国語であるアラビア語の
読み書き・計算を学んできました。
またシリア難民の子ども達との活動を通じて、世界中で、
国際社会から忘れられた弱い立場にある子ども達を
見守る必要性を認識し、カンボジアやスーダンでも活動を始めました。

団体名称「ホープフル・タッチ(Hopeful Touch)」は、
いかなる社会環境にあっても、子どもが希望をもって成長できるよう、
弱い立場にある子どもに手を差し伸べ、
子どもの発達と平和を手助けできるよう想いを込めて付けました。

団体の目的】
災害や飢餓貧困、劣悪な社会環境下で生きる子ども達の
権利の保護・実現に務めることで、国際社会における子どもの平和と
発達の促進に寄与することを目的として活動しています。

子どもの権利と発達のために世界中のどんな場所で生きる子どもでも、
保護され実現されるべき4つの権利
【生きる権利、守られる権利、育つ権利、参加する権利】があります。
私たちはなかでも特に、子ども自身の発達する力を見守り支えるため、
育つ権利と参加する権利を守る活動を実施しています。

【主な活動】
・教育
 学習施設の整備や登校手段の確保、活動運営によって教育へのアクセスを
生み出し学習環境を整えます。

・子供の保護
安心・安全な環境で健康に心身発達できるよう、
子どもの生活コミュニティにおける社会心理的サポートを実施します。

・保健・栄養
緊急人道的介入を必要とする子どもや、慢性的貧困下に
ありコミュニティにおける
持続的取り組みが必要な子どもの健康状態を改善します。

・子どもの参加
子どもやコミュニティ自身が持つ力を引き出しながら、
子ども同士の国際交流参加を通じ、
現状を伝え社会にポジティブな変化を起こすことを目指します。

サイトは、こちらをクリック https://www.hopefultouch-jp.org/