特定非営利活動法人
【ぴーす】

「ぴーす」は、発達障がい、知的障がい、自閉スペクトラム症、ダウン症、
肢体不自由などあらゆる障がい児とその家族のたのしい暮らしを支援する
大阪府堺市にあるNPO法人です。

「ぴーす」を立ち上げたスタッフは、「障がい児の母親」
当事者としての感性を大切に、各家庭で障がいと上手につきあい
自分たちらしく暮らすことを応援しようと、法人を設立しました。

【ぴーすの夢】
障がいをもつご本人やご家族が“やりたいこと”や
“欲しいもの・場所・時間”をどんどん形にすること。
そのお手伝いができればと思っています。

【ぴーすの魅力】
当所で働く魅力は、これまで培った様々な福祉の知識やスキルを幅広く活かせることです。
活動カリキュラムや開催講座など、スタッフの発案で形になった企画が数多くあります。
障がい児・者本人とその家族の”たのしい暮らし”を実現するために、
挑戦したい資格や講座の受講を法人がバックアップしています。
女性がたくさん働いる職場ですので、
お子さんの学校行事や急病の際も柔軟に対応しています

【仕事内容】

児童発達支援及び放課後等デイサービス事業
児童福祉法に基づき、日常における基本的動作の習得をはじめとし、
児童一人ひとりの身体面や精神面の発達に合わせて、療育することを目的としています。
年齢相応の放課後生活を送ることができる場所で、その体験を通じて以下の力をはぐくみ、
将来の自立につながる支援を行う。

◆自己決定の練習
・自分で選ぶ、決める
・できることは自分でする
・したことの「喜び」や「くやしさ」を味わう練習

◆コミュニケーション支援
・自分の思いや考えを相手に伝える
・相手の伝えたいことを理解する

【はぐくむ力】3つの力を育てます
◆家で過ごす力を育てる
自分のことを「自分でする」力、家の中で、ひとりで、
または家族と「楽しむ」力、家族に「役立つ」力を育てる

◆地域に交わる力を育てる
街中で「移動する」「買い物する」「外食する」などの活動を通して、
マナーやルールの獲得を支援

◆友人と楽しむ力を育てる
同世代の友人、異世代の先輩・後輩の中で「協力する」「認め合う」力を育成

子どもはどの子もみんな「大きくなる」力を持ち、生まれてきています。
しかし、障がいゆえ、その力を十分発揮できない子ども達がいます。
その子ども達の「大きくなろう」とする力を十分にいかす、
その一人ひとりのエンパワメントを高める支援が、「ぴーす」の児童デイの目標です。

サイトは、こちらをクリック http://p-s-sakai.net/