特定非営利活動法人
【東京ソテリア】

ソテリアは、1969年に米国・サンフランシスコで始められた、障がい者の支援プロジェクト
です。

・一日24時間、利用者個人に対応
・小規模で家庭的な環境
・サポートのある寛容な態度

などの生活上の工夫によって、薬物療法に依存せずに、
病気や障がいからの回復を目指すことができるといわれています。

「ソテリアの目標は、利用者それぞれにとっての社会とのかかわりの意味を、
ゆっくり時間をかけて分かちあうことにあります。
この環境によって、こころと身体をととのえ、わずかの介入のみで
地域にとけ込んで生活するようになれると信じています。」

さまざまな事業活動

◆ひろがる ソテリアの家
『ソテリアー精神障がいを乗りこえるよろこびー』

一軒の「家」が東京に誕生しました
東京ソテリアハウスでは、共同のマナーやルールを自主的に管理します。
支援スタッフは、週7日24時間体制でそれを見守ります。日々の生活を通し、
睡眠や服薬には十分に注意を払い、学校に通ったり仕事に行ったりすることをサポートします。
また、ボランティア活動などに参加し、地域の一員としての役割を担うこともできます。

◆ひろがる はるえ野
『―江戸川区ではぐくむ こころの健康―』

こころの健康に問題を抱えたときにも、安心して暮らせる地域の実現を目指し、
生活や就業にかんする相談・支援を行っています。
リクリエーションやコミュニケーション活動をとおした社会への参加の機会をすすめ、
こころの回復へのあらたな気づきになっていただければと願っています。

◆ふれにあ本舗
ふれにあ本舗では、ナースステーショングループホームホームヘルパー
3つの事業を行っています。わたしたちが目指すケアは、
地域のパートナーとして思いやりの気持ちをもって利用者に接すること。
スタッフの中には、障がいを経験したことのある者や、その家族も多く従事しています。
支援にあたり、利用者との対等なかかわりの中で、希望にそったサービスを
提供していきたいと思っています。障がいによる生活の困難を分かち合い、
抱える問題や悩みをしっかりと見つめながらサポートを行うことを心がけています。

東京ソテリアエンプロイメント
『いろいろ用事、うけたまわります。』
当事業所は就労継続支援A型事業所です。
「業務請負業」として、清掃、事務、調理をはじめ、引っ越しや荷物の片づけ、
イベント誘導など、多岐に渡る業務をおこないます。

毎回決まった場所での業務もありますが、いつもとは違う環境でお仕事をすることもあります。
「街の便利屋」のようなお仕事です。
また、オリジナルグラノーラを製造しての販売や移動売店車でパンやお弁当やコーヒーの
販売もおこなっています。

週に1度ミーティングを開き、業務上の課題を共有したり悩みを分かち合ったりしています。
「職員」「利用者」というより一緒に働く「仲間」「同僚」の意識で過ごし、
ともに業務に取り組んでいます。

それぞれの得意な分野を活かすことができるよう、多岐に渡る業務をその週の希望に応じて
割振りしたり、希望の仕事ができるよう業務開拓をおこなっています。
研修への参加や資格取得に頑張っている方もおり、業務を行いつつ、
スキルアップもできる事業所です。

わたしたちは常に、障がい者自身の回復、成長していく力を信頼しています。
家族や友人とともに、ソテリア 病気や障がいを乗りこえるよろこび
共有していきたいと願っています。

※サイトはこちらをクリック https://soteria.jp/