【Voice Up Japan】

Voice Up Japanは2019年に、『週刊SPA!』の「ヤレる女子大学生RANKING」企画に対して
抗議の署名を集めだした山本和奈により、設立されました。

数ヶ月後、娘の性的虐待で非難された父親が
娘が中学生だったことから無罪となった後、
他の二つの人権のために活動している団体とともに
Voice Up Japanは日本における性的暴力に関する法律改正のための署名を集め始めました。
請願書は同意なしの性行為を刑法で有罪とすることを求めるもので、
一年もせずに10万人以上の署名が 集まりました。

2019年の11月に記者会見を開き、国内外からの 注目を集めています。
会見では、日本の職場研修生に対する セクハラの多様さについて語りました。
記者会見はその後Twitterで 大きく広まり、
被害者たちに今までの経験を話せるほどの勇気を与えました。

私たちは、その後全国から寄せられた署名の数や記者会見での 注目に驚き、
そして、ついにそれについて話し、 未だ日本社会で 多くみられる性的暴行や
男女差別に対して戦いたい、という願いを表に出せたことに気づきました。

それからは Voice Up Japanは政府、大使館、学校、大学などに招待され、
男女格差、性的暴力、そして日本社会で今なお一般的である
ミソジニー(女性嫌悪)について話すようになりました。
講演をしたりイベントを開くほかに、Voice Up Japanは記事の作成、
抗議、コミュニティの結成などを通じて意識を高めています。

私たちの活動は始まったばかりです。私たちは、より平等で公平な社会、
誰もが安全に意見を表明できる社会を作るために、できる限りのことを続けます。

【取組/活動】

◆講義する
大使館、大学、NGO主催のイベントで、講演を行なっています。

◆議案通過運動
セクハラや性的暴力に関する古い法律の改正について、政治家や議員に働きかけています。 

◆抗議の声
抗議のためのVoice Upで、日本に広がっているジェンダー問題の認知度を高めています。

◆コミュニティを作る
ソーシャルメディアと大学キャンパスの両方でコミュニティを作り、
性的虐待や差別の被害者やVoice Up Japanのメンバーが
声を上げられるための安全な居場所を作ります

◆イベントのお知らせ
日本の男女不平等に関する教育セミナーを開催し、個人として一人一人が
どのように変化していけるのかを学びます。

◆考えを広める
日本の社会問題についての記事を通じて、ジェンダーの不平等と差別についての
対話を開くことを目指しています。

そのほか、メディア出演などを行っています。

【課題】

●性犯罪における刑法改正のための活動
●若者の間での性犯罪、性差別、セクシャルハラスメント等の解決に向けた人材育成
●セクハラ・性犯罪に関する実態把握
●性犯罪被害者支援活動

日本でより多くの人が声をあげられる環境を作ること。
ジェンダーの平等を目指すこと。

私たちは声を上げることを勧め、勇気を恥ずかしがらずに思っていることを
言えるような社会を理想としています。声を上げることを続け、
他の人たちだけではなく自分たちも学び、いい社会になるように人々を
励まし続けていきます。多様的な社会は多様的な意見を生み、良い未来へとつなげます。
まずは5年間頑張り、成果を確認していきたいです。

※サイトはこちらをクリック https://voiceupjapan.org/ja/our-team/